年金相談、会社の年金の対応項目など

年金相談

複雑な年金のご相談に応じます

"定年を迎えて年金をもらう従業員がいるが、再雇用の勤務条件をどう決めたらよいかわからない"
このような経験をしたことはありませんでしょうか。
 年金相談は社会的関心の高まりから、個人の問題から会社も巻き込んだ問題へ飛躍しています。
一方、平成22年1月より社会保険庁が日本年金機構へ改変され、組織がスリム化しています。
年金機構のアクセスが不便になれば、会社への問い合わせが増えることが予想されます。
 年金問題は雇用の在り方や福利厚生にもかかわってくるため、会社として対応できる体制を整えておく必要があります。
 年金にまつわる質問は幅広く、しかも最新の情報を自社で把握し続けることには限界があるといわざるを得ません。
 私たちは、年々複雑化する年金問題にも精通し、個人と会社の目線で対応いたします。

1.会社の年金の対応項目

  • 定年を迎えて年金をもらう従業員がいるが、再雇用の勤務条件をどう決めたらよいかわからない
  • 従業員から「ねんきん定期便」の見方について質問をされたが、よくわからない
  • 従業員より「あと何年、勤務したら年金がもらえるのか」と尋ねられた
  • 外国人の従業員を採用したが、年金の取扱いはどうなるのか
  • 会社で厚生年金基金に加入しているが、退職した従業員から基金への請求方法を尋ねられた
  • 従業員に不幸があり、家族から遺族年金の手続きについて問い合わせがあった

2.法改正が頻繁な年金は当事務所に

  • わかりやすく、丁寧に
    年金は法律や制度がひんぱんに変わり、専門用語も多く、複雑な一面があります。
    より年金に親しみをもっていただけるようにわかりやすく、丁寧に対応いたします。
  • オーダーメイド
    年金はひとり一人が歩んできた歴史であり、今後の人生設計や生きがいを考えるときの羅針盤でもあります。
    画一的な相談ではなく、それぞれの環境や価値観にそった対応をいたします。
  • 秘密保持
    年金相談にあたっては、多くの個人情報(年齢、家族構成、職歴、給与など)を提供していただく場合があります。
    そのときでも守秘義務と個人情報保護を徹底いたします。

このような質問や悩みに一度でも触れたことがありましたら、当事務所へご相談ください。

次は、その他のアドバイス »

メールでのお問合せはこちら

メールでのお問合せ

コンサルティング
スペシャルコンテンツ
行政書士業務
行政書士業務